General rules for deterioration of employment situation and residential status

【English follows Japanese】

日本の在留管理制度には,コロナウイルスの感染拡大以前から,本人に責任のない理由で解雇・雇止め,待機などにあった外国人に対するの特例的措置が存在しています。

たとえば,技術・人文知識・国際業務の在留資格で在留する人も,アルバイトができる,などのルールです。

そのかわり,勝手にどんなアルバイトをどれだけしてもいいわけではありません。
きちんとルールを守って,いつかコロナウイルスの感染拡大が終わったときに,胸を張って正々堂々と在留できるように,がんばりましょう。


In Japanese residential management system, there are special rules for the foreigners who are dismissed, suspended his/her contract renewal, or ordered to stand by because of the situation the foreigners are not responsible, since before the spread of the COVID-19.

For example, foreigner who has Engineer, Specialist in Humanities/International Services visa can also work part-time job.

Instead, it doesn’t mean that you can have whatever part-time job, as long as you want.
Please follow the rules properly and do your best so that you can proudly continue to stay in Japan when one day the spread of the COVID-19 is over.

 

詳しい資料はこちらから Detailed information available here.

日本語版 雇用状況の悪化と外国人の在留についての原則的なルール
ENGLISH General rules for deterioration of employment situation and residential status

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です