ご挨拶 ~2020年を終えるにあたり

平素は皆さまより多大なるご理解・ご愛顧を賜っておりますことを心より御礼申し上げます。

本ウェブサイトのサイドバー上部に記載の通り,私は2020年,コロナウイルス感染症感染拡大に伴い困窮する方への支援,雇用主の不当な対応により失職した外国人の在留支援,困窮下において疾病に罹患した外国人の支援,COVID及び度重なる巨大台風に襲われたフィリピン共和国への人道的支援等,緊急性が高いと判断される活動を,収益業務に優先して行ってきました。

2020年もあとわずかとなりましたが,千葉県東葛・葛南地区の有効求人倍率は0.7前後と依然として低く,GoTo停止による旅行業・飲食業の低迷は,一度持ち直しかけた外国人の雇用情勢を再度悪化させています。
その中で,本国と日本で大学を卒業して流ちょうな日本語を話しながらも依然仕事が決まらない方や,ようやく決まった就業先において,それまで半年あまりに渡る困窮生活が原因で疾病を発症してしまった,私たちの子どものような年齢の若者もいます。

私の感覚において,新型コロナウイルス感染症が本邦に在留する外国籍住民に与えたダメージは,収束するどころか拡大する一方です。この傾向は新年を迎えても当面は変わらないものと思われます。

今後も一定期間は同様の活動を継続することとし,誠に申し訳ございませんが,ひとまず2021年1月末まで,一部業務の新規受任を停止させていただくことといたしました。


新規受任を停止する業務

  1. 日本国籍を有する方からの,人道上の緊急性を有さないすべてのご依頼(外国籍住民を支援される行政機関窓口からの相談案件と,フィリピンからの人材受入れ・特定技能への変更案件を除く)
  2. 永住者の資格を有する方からのご依頼(人道上必要性のある呼寄せ案件を除く)
  3. 過去に代表者と直接対面していない,フィリピン共和国を除くすべての国の送出し機関からのご依頼

1.につきましては,これまで困窮外国人を積極的に採用してくださり,適正に雇用してくださっている事業者様などにつきましては,従来通りご対応させていただきます。


Do whatever humanly possible.

小さな力ではありますが,「困っている人に寄り添う」をモットーに,この2年半にわたり業務を遂行してまいりました。

一部の皆様にはご不便をおかけすることもあるかと思いますが,ひとりでも多くの外国人・日本人にとってより良き2021年となりますよう,何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

末筆ではございますが,本稿をお読みくださっている皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げ,私からのご挨拶に替えさせていただきます。

行政書士 藤岡 みち子

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です