一部の技能実習生・留学生が悪事に手を染める理由 | 最近の報道への所感

現在,ベトナム人労働者が人気ですが,同時に失踪や不法就労などのニュースも多く耳にされると思います。
もともとは「中国人は悪いことをする」ということで,ベトナムに人気が集まったという経緯があります。
では,なぜ「悪いこと」をするのか?

同国人が集まって工場や倉庫などで就労していると,必ず「少し日本語がよくできるヤツ」「目端の利くヤツ」が出てきます。
そういった一部が,他の同国人を搾取し始めるのですね。何かを代わりに書いてやる,といったことから始まって。このあたり,日本人どうしではあまりないように思いますが,どうなのでしょうか。
そうすると,搾取された方は仕方ないから悪事に手を染める,通販会社のロジ部門なら,商品を盗む,といったことが始まります。

ざっくりと言いますが,この構図は中国から,ここ数年で目に見えてベトナムに移ってきています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000573-san-l28

この事件,逮捕されたベトナム人は,一人あたり2万円のコミッションを受取っていましたが,実際は失踪実習生自身は8万から16万円を支払っていたと聞きます。
つまり,搾取の構造は,ここにもあるのです。

また,ベトナムは政策により,実習生本人から徴収していい保証金は「給料の2か月分」と定められていますが,それでやっている送出し元・日本語教育機関は一握りどころか,ひとつまみと言われます。通常,一人100万円の借金を背負って来日するのが普通です。

結果,ブラックな実習先であるなどすると,失踪する。犯罪を犯す。そうせざるを得ない背景があるから。
そしていま,「ベトナムはダメだ」と囁かれつつあります。


業界では,次の供給元として,モンゴル,ブータン,そしてネパールあたりをにらんでいると実感します。
ネパールの伸びは甚だしく,

出入国在留管理庁は23日、2018年に日本企業などに就職した外国人留学生が前年比15.7%増の2万5942人だったと発表した。記録が残る1992年以降最多。増加は8年連続で、留学生自体の増加が主な要因とみられる。 国別にみると、最多は中国の1万886人。ベトナム5244人、ネパール2934人、韓国1575人と続き、アジア諸国が全体の925.3%を占めた。伸び率が最も高かったのはネパールで、前年比44.8%増。入管庁によると、ネパールでは日本への留学志向が近年高まっている。(時事ドットコム 2019年10月23日付記事より)

日本語学校へ留学→専門学校等へ進学→日本で就職,このネパール人たるや,母数こそ中国に比べれば大きくはないですが,前年比45%増です。


これらを踏まえての
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00150457-kyt-l26
こちらをお読みください。

まさに「歴史は繰り返される」と感じますが,その国から日本にやってきた最初の世代は,それは真面目に働き,評判を上げました。
それにより,その国の人気が高まり,留学や就労で来日する人が増えると,そこに目をつける輩が必ず現れます。
今回の,ネパール人の派遣会社のようなものですね。

入管法において,技術,人文知識・国際業務の在留資格を付与されて企業に雇用された外国人は,その企業を退職するか,活動内容の異なる業務に従事した時点で,在留資格該当性を喪失します。アウトです。

どこの国にもその国の良さがあり,魅力ある個人の資質があります。
この投稿で言及したいくつかの国を国として批判するものではまったくありません。むしろ,批判されるべき点の多くは我が国にあると言っても過言ではないでしょう。

改正により入管法の罰則規定は大変厳しくなりました。
この派遣会社から依頼されて留学→技人国への在留資格の変更を行った行政書士が必ずいると思います。企業とグルなのでしょう。
今頃行政書士も聴取されているのではないかと思いますが,真面目にカレー店などを経営して地元に根付き,地道に評価を上げてきた先達の顔に泥を塗ったこういう連中。
日本での成功に思いを馳せてやってくる同胞たちの夢を壊し,ひいては日本人の,現業的分野に就労する外国人に対する評価を貶めるような行為をしたこういった輩は,まとめてお縄にしてほしいと切に願います。

 


私たちTERAKOYA ICHIKAWA PROJECTは,来る10月27日(日),行徳まつり2019の国際交流エリア(No.48)に出店いたします。

地元行徳で長年飲食店を経営され,地道に良き隣人として歩んでこられた外国の方たちが模擬店を出店されるなど,美味しい食べ物もたくさんあります。

私たちのブースでは,外国人の子どもさんむけの工作体験,地元のおばあちゃまが作ってくださった素晴らしい和風小物の販売,地域猫のチャリティー缶バッジ販売と並んで,外国人の在留に詳しい専門家の友人が来てくれる予定で,在留のこと,労働のことなど,来場された外国人の方がちょっとした相談をしていただける体制も整えています。
当日は私も9:30~16:00,終日アテンドしますよ。

お近くの外国人の方にお声掛けいただき,楽しい秋の一日を過ごしにお越しください!

TERAKOYA ICHIKAWA PROJECTのイベントのチラシはこちらから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です