特定技能制度 登録支援機関登録簿に掲載されました | 行政書士登録1年の節目にあたり

特定技能1号外国人材を雇用するには,様々な「支援」を提供することが雇用する企業に義務付けられています。
ですが,実際にすべての「支援」を事業者が提供するというのは困難なため,「登録支援機関」として法務省(出入国在留管理庁)に登録した個人・法人に,支援の実施を委託することができる,とされています。

4月半ばに登録申請を行いましたところ,本日5月31日付,法務省ホームページにて,登録番号 19登-000405 として,藤岡みち子(ふじ行政書士事務所)が登録簿に掲載されました。

登録支援機関登録簿の掲載ページへ

登録支援機関登録簿,該当箇所の抜粋

 

奇しくも,明日6月1日は私の行政書士登録からちょうど1年。
行政書士としてのキャリアは多くの先輩方の足許にも及びませんが,人生で大勢の方と接してきた経験,前職までに培ってきた社会経験,IT関連のスキル,海外で暮らした経験,少しだけできる外国語,心強い外国人の友人たち・・・そういったあらゆるリソースをフルに活用し,制度の適正化のために努力いたします。

これまでご縁をいただいたすべての皆様に感謝を込め,ここに登録のご報告をさせていただきます。

 

 

※ 支援業務は6月15日以降正式に開始いたします。ご提供する支援のプログラム等につきましても,順次当サイトに掲載させていただく予定ですが,ご相談は随時お受けいたしております。

※ 登録時はフィリピン語はタガログのみで申請いたしましたが,ビサヤなど他の現地語での対応が可能な通訳人を確保しております。また,ベトナム語の支援体制も間もなく整備する予定です。いずれも今後内容を追加登録いたします。

 

 

NEW! 6月17日追記
→特定技能1号外国人の方の支援業務についてはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です