特定技能1号・認定試験ルート | 介護分野 第1回介護技能および介護日本語評価試験@フィリピン

(English follows Japanese) 3月20日,下記厚生労働省のサイトから,申込み専用サイトへのリンクが有効になりました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_000117702.html

専用ウェブサイト申込期間:3月20日~4月9日
 http://ac.prometric-jp.com/testlist/nc/en/index.html

ですが,先ほど確認したところ,すでに人数が上限に達したようで,受験手数料支払いのためのバウチャーが購入できなくなっています。申込受付開始後,あっという間に定員に達した模様です。
今後キャンセル等があって再度購入できるようになる?かもしれませんので,たびたびチェックされてみてもいいかもしれません。

現地試験は年6回開催され,次回は6月が予定されています。このように人気ですので,受験を検討されている方は,頻繁に厚労省のサイトをチェックされることをお勧めします。なお,介護分野については国内試験は未定です。

サンプル問題も数問ずつですが掲載されています。

介護技能評価試験 サンプル問題

介護日本語評価試験 サンプル問題

介護日本語評価試験例題

また,海外からの介護人材の招へいには,複数のルートがあります。
事業者様でも少し混乱されるご様子なので,過去の私の投稿などをご一読いただき,下記スキーム図と合わせてご覧ください。

外国人介護人材受入れの仕組み

心やさしいアジアの方たちが,介護の担い手として大勢来日して下さることを心から願っています。

 


《The1st“Nursing care skills evaluation test” and The1st“Nursing care Japanese language evaluation test”》

“Nursing care skills
evaluation test”
“Nursing care Japanese language
evaluation test”
Date and venue of
the tests
April 13th (Sat) and 14th (Sun), 2019 at Manila in Philippines
※These are the same as“THE JAPAN FOUNDATION TEST FOR BASIC JAPANESE”
Method of the test Computer-based testing (CBT) method
Test time and
section
60 minutes and a total of 45 questions
▷Written exam:40 questions
・Fundamentals of care : 10 questions
・Mechanisms of the mind and the body : 6 questions
・Communication skills : 4 questions
・Physical care : 20 question▷Practical exam:5 questions
※Practical exam is conducted by
CBT method.
30minutes and a total of 15 questions
・Technical terms of care : 5 questions
・Communications of care : 5 questions
・Documents of care : 5 questions
Example ►“Nursing care skills evaluation test” ►“Nursing care Japanese languageevaluation test”)
Appointment/
Change/
Cancellation/
application
period and
procedures
Test-takers make their reservation through online reservation system, which is opened from 20th March to 9th April.
http://ac.prometric-jp.com/testlist/nc/en/index.html
※1 About application procedure, please refer to the above link.The link is available after 14:00, March 20th local time (15:00, March 20th Japan time).
※2 Prior to application, test-takers need to purchase vouchers for “Nursing care skills evaluation test”,“Nursing care Japanese language evaluation test”and“THE JAPAN FOUNDATION TEST FOR BASIC JAPANESE(JFT BASIC)*”at the voucher store described the above link.
* Those who already passed“Japanese Language Proficiency Test (N4)”need not purchase vouchers for “JFT BASIC”.
※3 After registering“Nursing care skills evaluation test” and “Nursing care Japanese language evaluation test”, test-takers will need to apply for “THE JAPAN FOUNDATION TEST FOR BASIC JAPANESE”(JFT BASIC) as soon as possible, except those who already passed“Japanese Language Proficiency Test (N4)”.
Application procedure of“JFT BASIC”will be informed via e-mail after registering “Nursing care skills evaluation test” and “Nursing care Japanese language evaluation test”
※4 The application will be closed when the number of applicants reaches the quota. The2nd“Nursing care skills evaluation test” and The2nd“Nursing care Japanese language evaluation test”will be implemented on June.
Fee of the tests Approximately 1,000 JPY Approximately 1,000 JPY
Passing
announcement
Approximately one month is necessary to deliver the certification document via e-mail.

 

ふじ行政書士事務所は,法律専門家として外国人政策,在留制度,技能実習制度等の適正化に資すことで,究極的には我が国における多文化共生の実現を目指します。
通常の外国人の方ご本人のための申請取次業務にとどまらず,外国人の方を雇用したい事業者の方,技能実習生や特定技能外国人材を受入れたい企業の方,制度改正に際して法律専門家のアドバイスを検討されている日本語学校関係者の方など,「共生」を目指すあらゆる当事者の方にサポートをご提供しています。

また,”寺子屋いちかわプロジェクト”として,日本で暮らすあらゆる外国人の方のための日本語学習支援プログラムを立ち上げました。特定技能認定試験や日本語検定N4の合格を目指す方の学習もサポートしています。
まずは地域の外国人の方を対象とした小さな試みですが,企業様でご利用の場合は就業現場の実情や安全衛生に配慮して個別カリキュラムを作成し,特定技能基準省令に沿った支援も実施いたします。
皆さまのご利用,ご支援をお待ちしております。

 TERAKOYA ICHIKAWA PROJECT

お気軽にお問合せ下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です